留学

トップ > 留学 > 2016年度中期留学

夏期海外研修・中期留学(語学実践企業体験型インターンシップ)・交換留学・ダブルディグリー留学・2か国留学・認定留学など、様々なタイプの留学制度が用意されています。留学費用全額支援または奨学金が受けられます(大学留学ページ)。学業に励んだ結果として留学が実現できた時の達成感、コミュニケーション能力アップによる自信、世界各国の留学生との楽しい交流など、留学は人生経験の宝物であり、就職につながる大切なキャリアにもなります。

2016年度中期留学

大連でのあたたかい留学生活

14生 上田幸師


  大家好!
  こんにちは!中国語学科4年の上田幸師です。私は大学の中期留学という制度を利用して、2016年の8月から12月まで約4か月間中国東北部に位置する大連という都市に留学していました。大連は中国の中でも歴史的、文化的に日本と深く関わりのある街で、市内には日本統治時代に建てられた建造物が多く残っています。また、現在は日本企業も多数進出しており、郊外でバスに乗っていると、窓から日の丸の国旗を掲げた日本企業の工場を多く見かけます。北京や上海ほど常に混雑した感じもなく、何より大連に住む方々は外国人に対して非常にやさしく接してくれるので、留学生にとっては生活しやすい環境です。

 
  私はそんな大連で、今年設立30周年を迎えた総合大学である大連大学に通っていました。通っていたといっても留学中に住んでいた寮は大学の敷地内にあったので、もはや大学内に住んでいたといっても嘘にはならないですね。日本では、大学生は大学の近くにアパートやマンションを借りて住むというのが一般的ですが、中国ではそうではありません。留学生だけでなく、中国人学生のほとんどが、大学内に建てられた学生寮で暮らしているのです。そのため、授業後や休日も比較的簡単に友人と会うことができたり、一緒に食事に出かけたりすることができます。校内には芝生のサッカーグラウンドやバスケットコートもあり、授業後現地の学生と知り合える環境が整っていたので、おかげで私も大連で生活を始めて早いうちから友人を作ることができました。留学生寮では一人暮らしをしていましたが、本科生用の学生寮もすぐ近くにあったので、友人を招いて遅くまでくだらない話で盛り上がっていたことは今でも懐かしい思い出です。


  ところで、皆さん「中期留学」って4か月間だけだし、語学を習得するために海外に行くには少し中途半端な気がするって思っていませんか?
  正直なことを言うと確かに期間としては中途半端かもしれません。向こうでの生活にも慣れ、楽しくなってきたときに帰国しなければならないのですから。ですが、「中期留学」には「中期留学」にしかない、他の留学制度では体験できないプログラムが盛り込まれています。それが、3週間に渡るインターンシップです。私の場合は、2週間大連大学日本語学科で教育実習をさせていただいた後に、1週間日系企業と現地のホテルでインターンを経験しました。教育実習、インターンどちらで得た経験も確実に就職活動で活きましたし、今後社会に出たのちもっと活かせる場面が出てくると確信しています。中でも特に教育実習のことは今でも鮮明に覚えています。実習では大学1年生と2年生に一週間ずつ授業を行いましたが、やはり日本語を習いたての学生に、中国語と日本語を使って日本語文法を教えるのは容易ではありません。授業一週間前からPowerPointを用意したり、授業構成を考えては、先生に相談に行ったりと体力も時間もたくさん使いました。ですが、その分、授業を無事終えることができた時の達成感は相当でした。越えるべき山が大きいほど越えた時の喜びも大きいと言いますが、本当にその通りだと思いましたね。また、教育実習を経験したことで友人が増え、新たなコニュニティーをつくるきっかけになったのは言うまでもありません。先生としての立場を経て、人として視野を広げることができただけでなく、自分自身の中国語能力の向上、さらには交友関係の構築にも繋がった教育実習は私にとって非常に貴重な経験だと思っています。


  約4ヶ月という短い期間で、国境を越えて多くの人たちと出会い、交流できたことは自分の人生にとってとても大きく、初めての経験や困難に直面し、それを乗り越えたことで語学力だけでなく、精神的にも成長できたと思います。もし、中国への留学を考えるのであれば、長期留学だけでなく、「中期留学」も選択肢の一つとして考えてみてください。私が自信をもってお勧めします。


%E4%B8%8A%E7%94%B0%E2%91%A0.JPG %E4%B8%8A%E7%94%B0%E2%91%A1.JPG